大変な仕事

こんにちは、まさ妻です。

連休の雨で気温が上がらず、ちょっと曇り空なマック地方。
でも降ってるよりいいね。

今月半ばから裏山の木を切って貰っていましたが、連休で半分程下ろせるトコまで来ました。
ずっと上での作業。
メインの木を切る前に、周りの木の枝を払ったりの仕事。
DSCN4470.jpg
こちらの山師さん。
今は年を取られたので県外に行くコトは無いそうですが、若い時は岐阜・長野や北陸の寺院・神社からも
声が掛かったそうです。
大きな屋根に倒す木がぶつかると、修理が大変だから。
それと電線等に掛かった木等も電気を止めたりするコト無く、倒したらしい。
山から山でへ渡り歩いたんでしょうね~。

そんなベテランの山師さんに若い人がついて、2人で切った木を下ろして貰いました。
若いと言っても60代半ばですが(汗)
DSCN4491.jpg DSCN4487.jpg DSCN4490.jpg
斜面の真ん中より下は階段状になってるんですが、その上はホントに土だけの急斜面。
ここを何十回と1メートル位に切った木と一緒に下りて来るんです。

DSCN4489.jpg
上ではベテラン山師さんが下りるスピードを調節しながら・・・。
2人の呼吸が合ってないと出来ない仕事だと思う。

お昼になったので、作業は一旦休憩。
その間に私は上へ。
DSCN4492.jpg DSCN4494.jpg
DSCN4495.jpg DSCN4497.jpg
イノシシ避けのフェンスがあって良かった(笑)
3本程の木を切ったらしいですが、凄い数!
硬い、しっかり目の詰まったモノばかり・・・。
これを足場の悪い中、人の手で下ろしてるんだから大変だ。

で、これが下ろした木。
DSCN4500.jpg DSCN4504.jpg DSCN4506.jpg
中にはもう腐って来てたのもあったけど、凄い数!
まだ山には太いのが残ってるんです・・・。
割りたくてウズウズ(笑)

昨日、休みで釣りから戻った後、早速玉切りに。
DSCN4507.jpg DSCN4508.jpg
相当硬いらしく、チェーンソーから煙が上がって来て。
その度に「歯が逆?」「オイル回って無い??」って、お父ちゃん。
数本切って雨もパラついたので終了。
あまりにも硬い木でビックリ・・・。

いつから割ろうかなぁ??
だけど、薪を買うと高い理由が分った。
これだけ手間と時間が掛かってたら、高くもなるわ。
そして感謝して使わなきゃね~。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する