キノベス!2016

こんばんは、まさ妻です。

遠くに見える山の山頂が薄っすらと雪化粧なマック地方です。
ブルブル・・・ですが、平地は大丈夫。

今日の新聞に紀伊国屋書店 「キノベス!2016」と言うのが
発表されてました。

「キノベス!2016」は、過去1年間に出版された新刊(文庫化タイトル除く)を対象に、紀伊國屋書店スタッフが「自分で読んでみて本当に面白い、ぜひ読んでほしい本を選び、お客様におすすめしよう」という企画です。

何と私が読みたかった地元の作家・宮下奈都さんの「羊と鋼の森」が1位!
DSCN5069.jpg
もうすでに3回程読んでる(汗)
日中は工場だったり薪ストーブ用の端材を割ったり、家のコトしてて読んでるのは
もっぱら病院の待ち時間や夜。
読みやすいのですぐ読めちゃう。

偶然学校で出会った調律師さんと主人公の話し。
ピアノの中にも森があって、主人公も森で育った・・・。
今まで何も目標等無かったのに、引き寄せられる様に、彼も調律師の世界へ。

お客さんや先輩・ピアノに育てて貰いながらコツコツと努力。
ずば抜けた才能がある訳じゃない・ピアノが弾ける訳でもない。
それでも育った森とピアノの中の森に導かれる様に、ゆっくり進んで行く。
一歩一歩迷いながら。

努力は無駄にはならない。

そんな風に思わせてくれる話し。

キノベス!2016

1回目を読んですぐポチっとな(笑)
DSCN5113.jpg DSCN5114.jpg DSCN5115.jpg
一応厳選。
他にも「神さまの遊ぶ庭」も持ってます。

星の王子様も何回も読んだ。
1回じゃ理解出来なかった私はどうなんだろうか・・・(汗)
何度も何度も旧訳と新訳を読み比べて。
子供には難しいんじゃないか?と思う程、私には難しかった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する