やっと植えた~!

こんにちは、まさ妻です。

昨日までの土砂降りや小雨、ジメジメした湿気。
マック地方、今日は北風で青空なので爽やかです~♪

そんな中、今日だけだろうこの天気。
明日も晴れるけど気温の予想が32度!
外仕事、無理よね・・・ってコトで今日植えました。

DSCN6889.jpg DSCN6890.jpg
まだ植えるのあるけど、今日のところはこの位にしとくわ~。
久し振りにスコップやら20キロのゼオライトを持ってたら、腰痛い(´;ω;`)

でも~、まだスペースあるのよね。
それって増やしても大丈夫ってコト??
楽しみは残しておきましょう。

ところでこんな葉っぱになっちゃって・・・。
DSCN6885.jpg DSCN6884.jpg
DSCN6887.jpg DSCN6886.jpg
上の画像2つはブラッシュノアゼット。
植え替えの時に根っこを結構触ったから??
あっと言う間に黄色くなって、落ちてしまう。

あと、オールドローズ2種もここ最近で葉っぱが黄色く。
これは根っこが回りすぎなのかなぁ?
どれもただ黄色くなって落ちるだけだと思う・・・。
何でかなぁ??

気持ち悪いの・・・。
DSCN6883.jpg DSCN6882.jpg
最初はね、ミニミニ毛虫がびっしりだったの・・・。
水やりしてたら減ってた、どこ行ったんだろう(;'∀')

スポンサーサイト

コメント

No title

ついに植え込み! いっぱいあったね~♪
お日様がしっかり当たって気持ち良さそうな所にご機嫌で
沢山咲いてくれるといいですねぇ♡
楽しみ~♪

何でしょう? どーして落ちるのかな・・・
バラ友さんに聞いてみた?
頑張ってほしいね!
うちは黒点いっぱい ^^;

うっわ きもい
うちも出たよ! もっと長いやつだった・・・

2017/07/08 (Sat) 00:22 | バーディ ママ #- | URL | 編集
No title

バーディママさん

おはようございます!
植えたの11鉢だったかな?
もう少し植え替えようかな?と考え中。
日差しに強いのを植えないとすぐにチリチリになりそうです(;'∀')
元気に育って欲しいなぁ。

ブラッシュノアゼットは黄色くなるの、ちょっと落ち着いたみたい。
蕾もみんな落ちたのよ~(´;ω;`)

家も黒星病やらチュウレンジハバチやらで、もうボロボロ。
どうしたもんやら、消毒しかないのかなぁ?

2017/07/09 (Sun) 07:57 | まさ妻 #- | URL | 編集
No title

久しぶりにコメします(^^)
農業普及指導員の花担当として少し思うところをコメします。

①こんな、暑い時に移植してはいけません。
  基本的に定植は、葉が無い時期にした方がいいです。
  気温が高いと、葉からの水分の蒸散が多く、その一方で根が活着していないと土から水・肥料分が吸収できないという地上部と地下部のバランスがとれないのが、この時期です。
  いずれにしても、まだ苗を持っておられるのであれば、そのまま鉢の状態で管理され、来春に葉が出るまえに移植されることをおすすめします。
  
②葉が黄色くなるのは、窒素肥料不足かと・・・
  古い葉が黄色くなるのは、窒素肥料不足のサインです。
  窒素は、体の中でやりとりができる成分なので、古いところから成長の盛んな場所に移動させることができます。よって、症状は古い葉が黄色くなる症状がでます。
  移植のショックと、暑い時期の定植で活着が遅れ、根から窒素肥料が吸収できずに症状が出たとも推察されます。
 対処療法とすれば、窒素肥料を1000倍に薄めて、葉に噴霧して葉から窒素を吸収させる、葉面散布という方法があるので試してみられればどうでしょう。

③バラは農薬と肥料と手間がかかる作物です。
  病気も来ますし、ミニミニ毛虫・ハダニ・アブラムシなど病害虫がバラを狙っています。特に、梅雨明け以降、高温乾燥になるとハダニが葉裏に発生するのでよく観察してください。簡易に判定する方法として、葉を白い紙におしあてて紙をひっぱると、紙にスジがつくとハダニがいます。


2017/07/09 (Sun) 21:19 | ぶんぶん丸船長 #- | URL | 編集
No title

船長さん

こんにちは!
ありがとうございます。
私も遅くなったなぁと思いながら植え替えしました(-"-;A ...アセアセ
やっぱりこんなに暑くなってちゃ可哀想ですよね、反省です。

窒素不足とありますが、窒素肥料って・・・。
楽天で商品を検索すると「カルシウム肥料?」みたいなのがでるんですが、
それで良いのでしょうか??

1つ持ってても良さそうなので用意したいと思うのですが・・。

チューリップだけじゃなくてバラもお花ですもんね。
船長さんが詳しくて良かったです~。
また色々教えて下さい。

2017/07/10 (Mon) 13:25 | まさ妻 #- | URL | 編集
No title

おっ! 感心もたれましたね(^^)

●三大肥料について
植物は、いろんな無機成分を吸収して成長します。
中でも、窒素(N)・リン酸(P)・カリ(K)を三大要素といって、他の成分よりたくさん吸収する性質があります。(  )の中は元素記号です。

一般的に、野菜とか花の基肥(もとごえ:植付けまえに土にまぜる)とか生育途中にする追肥(ついひ)用の肥料として販売されている肥料は、三大要素が含まれています。

肥料の袋の裏側には、肥料取締法の関係で窒素・リン酸・カリの含有成分が記載されていますので、ホームセンターで販売されている肥料の袋をごらんください。
たとえば、10ー10-10と記載されていれば、窒素ーリン酸ーカリが10%ー10%ー10%の割合で含まれていることをあらわします。

●窒素肥料について
窒素といっても、いろんな化合物となっています。
たとえば、アンモニア態窒素 、硝酸態窒素、尿素、IB態(アイビー)などなど多数あり、すべて窒素が含まれていて、正確には肥料として吸収される早さなどは、化合物によって違います。
(しかし、この先はむつかしくなるので、やめますが)バラでおすすめするのは、IB化成(アイビーかせい)です。 アイビー化成は、大豆つぶ大のころころした白い粒状の肥料で、窒素・リン酸・カリが10ー10-10%バランスよく含まれていて、窒素が1ヶ月ほどかかって、じわじわと溶け出す性質があります。

バラ1株あたり、かるく一握り程度(約20グラム程度かな?)を株元から少し離して、散布してやってください。すると、1ヶ月ほどの間、じわじわと肥料が効きます。

●カルシウム肥料について
カルシウムは三大肥料ではありませんが、比較的吸収量の多い成分です。
人間が骨の形成にカルシウムを必要とするように、植物も必要とします。
カルシウムは、一般的に石灰(せっかい)資材によって、基肥として土に混ぜます。 おおよそ、1m×1mに100g程度です。
カルシウムは、窒素とちがって、古い葉から新しい葉へ移動させることができないので、(根から吸収されないと)、欠乏症状は、成長の盛んな場所(茎の先端が枯れる・葉のヘリが枯れる)にでます。
カルシウム欠乏症は、生育速度の速いトマトでは尻ぐされ症(ぐぐってみてください)が出やすいですが、バラではあまり出ないと思います。
   
それでは、今夜の講義はこれにて終了(^^)

2017/07/10 (Mon) 21:21 | ぶんぶん丸船長 #- | URL | 編集
No title

船長さん

こんにちは!
詳しくありがとうございます!!
良く分かりました~。

ホームセンターで見て来ましたよ。
10-10-10-1ってのしか無かったんですが、1ってのは苦土石灰の様です。
と言う事はカルシウムが入ってると言う事なんですかね?

植物はこれが足りないよ~って身を持って教えてくれてるんですね。
カルシウムが足りないと茎の先端が枯れるなんて初めて知りました。

分かりやすく教えて貰うと、納得です。面白くなります~。
ありがとうございました。

2017/07/11 (Tue) 12:55 | まさ妻 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する